沖縄やちむん(焼き物)の美しさの紹介

しまあかりで使用している七割の器は沖縄のやきもの「やちむん」を使用しております。
素朴であたたかで作家さんの個性により色々な表情を持っている器です。さらに耐久性にも優れており、大切に使えば子から孫へもずっと引き継いで使うことができる器です。
さて、焼き物の里と呼ばれる、読谷村(よみたんそん)では、沢山の陶芸家達の作品を見ることができます。共同で焼く、登り窯もその大きさに感動してしまうでしょう。
しまあかりでは御縁があり、人間国宝の金城二郎氏の長女、金城須美子さんの作品とその須美子さんの三男である宮城三成さんの作品を使用しております。もし当店でお料理を食する機会がありましたら、器に興味が無い方でも料理が盛られた器を是非一度じっくり観察してみてください。素晴らしいと感じたら、沖縄に来た際には是非、読谷村へ寄ってみて下さい。